スポーツドクター

スポーツドクター

「2022年6月のマラソン練習振り返り」と「ロシア式ダーチャ」に憧れる件

今回は2022年6月のマラソン練習の振り返りです。最近はあるチームの練習に参加させて頂くことになったので、定期的なポイント練習を行うようになりました。しかし、どうにも調子が悪く、なかなか強くなっている実感がわきません。2022年8月には北海道マラソンが待っているのでなんとか調子を上げていきたいところです。

スポーツドクター

「スポーツ内科外来」にてよくある質問3選!

今回は、スポーツ内科外来で、よく頂く質問3選についてまとめてみます。スポーツ内科外来には陸上や新体操を始めとした、体重管理が必要になるような競技の選手が多く来られます。栄養や運動量、そしてスポーツ貧血のこと、それに対する鉄剤について、など、様々なご質問を頂きますが今回はその中でも特に良くいただく質問3つをまとめました。

スポーツドクター

「内臓疲労」について、スポーツ内科医の観点から考察してみました。

スポーツ選手や選手にかかわる方にとって、「内臓疲労」との付き合い方は重要になるかと思います。スポーツ内科医としても、なかなか対策が難しい「内臓疲労」。論文的な考察も踏まえたうえで、「内臓疲労」について考察し、可能な対策について考えてみました。気付かぬうちに蓄積する疲労について、ぜひご一読いただければと思います。

スポーツドクター

【類人猿分類】選手それぞれに合わせた声掛けについて考える。

今回、あるチームの監督さんから「個人に合った声掛けができないか」というご相談を頂きましたので、「類人猿分類」というものを用いたチームビルディングについて考察してみました。実は同じタイミングで、私の職場にも導入することになり、もともとスポーツ用ではありませんが、スポーツ現場に落とし込んでみることとしました。「類人猿分類」について少し解説させて頂いています。

スポーツドクター

スポーツ内科医の「挑戦」と「目標」

私はスポーツ内科医として勤務していますが、より選手に近い視野を持つことができるように自分自身でも様々な取り組みをするようにしました。その一つが「フルマラソン挑戦・サブ3チャレンジ」です。その中で、体重コントロールや食事管理に重点を置き、管理栄養士さんに指導してもらうこととしました。次戦は6月、北海道マラソンです。

スポーツドクター

2022シーズンのフルマラソンすべて中止から思いがけず得られた「かけがえのない」ものとは。●Notionとアドラー心理学●

エントリーしていたフルマラソンが中止となり、練習量が減りましたが、それによってできた時間で、新しいことを学び始めました。それはNotionという作業効率化ツールとアドラー心理学です。この3つに関しては、引き続きレベルアップをしていきます。