炭酸入浴剤(「バブ」など)の疲労回復効果はいかに??

   

今回は、炭酸入浴剤の疲労回復効果について検討します。

 

有名なモノといえば、やはり

「バブ」

   

温泉や入浴剤が好きな方は多いと思います。

 

中でも「炭酸泉」に関してですが

 

「炭酸≒二酸化炭素」 には

 

末梢(手や足)の血管を開くことで血流を増やし

筋疲労の回復を促進する作用があることがすでに示されています!

   

先日、新しい「バブ」が出ているのを発見しました。(ちょっと遅いですが。)

   

この新しい「バブ」

 

炭酸の泡の数が普通のバブの「約10倍」になったと書かれていました!

 

泡の数が10倍??

それがどう違ってくるのか??

疲労回復具合も変わるのか??

そもそも炭酸泉ってどの程度効果があるのか??

 

そういった疑問を調べれる限り調べてみましたので

 

まとめていきます。

   

「炭酸泉」の疲労回復効果は??

 

まず、炭酸泉の効果についてみていきましょう。

 

2018年に発表された論文の一節を引用すると

 

炭酸泉の血管拡張効果により、皮膚血流のみではなく、深部組織(筋血流)を増加させる効果が示されており、国立スポーツ科学センターをはじめとする多くの施設において、筋疲労の回復を期待した炭酸泉への入浴が推奨される

 

と記載されています。

 

リオオリンピックの際にも人工炭酸泉が設置され

多くのアスリートが使用し

疲労回復に務めたことは比較的よく知られています。

 

今回調べてみたところ

 

・普通の入浴と比較して筋硬度が25%低下した

・5分間の炭酸泉への入浴で関節可動域が増加した

 

といった身体への直接的な効果だけではなく

 

疲労回復に非常に重要な「睡眠」へもとてもいい効果をもたらす

 

ということがわかりました。

 

具体的にはどういうことでしょうか?

 

男子大学生を集めて行われた実験をご紹介しましょう。

 

39℃(10分間)の炭酸泉につかったグループ普通のお湯につかったグループ

 

比較されています。

 

その結果

 

「炭酸泉」につかったグループの方が

 

・眠り始めてからより早い体温の低下がみられた。

・副交感神経(リラックスさせる神経)がより活性化した。

 

ことがわかりました。

 

人は眠りにつくときに、体温が下がることが知られています。

 

つまり、この実験において

 

「炭酸泉」につかった方が、より深く、そしてリラックスしたより良い睡眠がとれることが示されたのです。

 

非常に簡略化して書きましたが

 

実際の論文では、体温測定や脈拍の測定などが緻密に行われており

 

それらのデータから睡眠の質についてきちんと評価されていました。

 

実際の体感としてはどうだったのでしょうか?

 

この論文では、睡眠調査票というしっかりとした調査によって

 

主観的な印象、すなわち

 

・朝はしっかり起きれたか

・疲労はしっかりとれていたか

 

などといった部分も評価されておりました。

 

結果は当然ながら

 

普通の入浴よりも、炭酸泉の入浴の方が

 

朝スッキリ目覚めることができたか、疲労はとれているか

 

といった部分で優れていることが示唆されました。

 

まとめますと

 

炭酸泉への入浴で

肉体的な回復に加えて、睡眠の質も向上させることが示唆された

 

ということがいえると思います。

   

しかし、家庭用入浴剤で同じ効果は得られるのでしょうか??

 

これが、みなさん気になる部分かと思います。

 

様々な研究をみてみますと、実験に使われているのは全て

 

高濃度炭酸泉=炭酸濃度が1000ppm以上でした。

 

では家庭用バブの炭酸濃度はどの程度なのでしょうか?

 

調べてみたところ、150Lのお湯(一般的な入浴量)にバブ1個を入れると

100ppmと低濃度であることがわかりました。

 

研究でよく用いられる炭酸濃度の1/10しかありませんね。。

 

新しい「バブ」に関しては泡が10倍ということだったので

 

「これは期待できる!」と思い炭酸濃度について調べてみましたが

 

はっきりとした濃度について記載されているものはありませんでした。

 

濃度も10倍になってくれたら嬉しい限りですが。。

 

やはり、家庭用入浴剤では効果がないということでしょうか?

 

そんなことはありません!

 

別の研究では、150mlのお湯に3個のバブを入れた場合(炭酸濃度300ppm)

血管拡張効果がみられ、血圧を下げる効果があることが証明されたのです。

 

睡眠効果に関しても、血管拡張によるものと考えられており

 

たとえ、濃度が低くても、効果はある!!

 

と期待しています。

 

新しい「バブ」の炭酸濃度についてははっきりわかりませんでしたが

 

非常に疲れが溜まっているときには

 

少し贅沢して、バブを多めに入れてみる

 

これでも十分に疲労回復効果はあると考えます。

   

最後に

 

今回は、炭酸泉の効果について考えました。

 

疲労回復効果だけでなく、血圧低下作用もある炭酸泉。

 

疲労回復や日々の健康のために、少しでも多くの方が

 

目的に合わせて使っていただければと思います。