腹痛・栄養吸収不良の原因にもなる!鎮痛薬「ロキソニン」のこわい副作用!

今回は、アスリートの方なら飲んだことがあることも多い、「ロキソニン」の怖い作用についてご紹介したいと思います。

鎮痛効果に加えて、抗炎症作用もある薬であり、非常によく使われる、とても使いやすい薬であることは間違いありません!

だからこそ!
良い面だけでなく、悪い面に関しても知っていただければな、と思います。

栄養障害の原因になるかも?というのは、なかなか知られていない作用と思いますので、この記事でしっていただければ幸いです。

それではさっそく、「ロキソニン」の怖い作用について、ご紹介していきましょう!

 

「ロキソニン」その概要!

「ロキソニン」といいますが、「ロキソニン」は商品の名前です。一般名は「ロキソプロフェンナトリウム水和物」といいます。

例えるならば、「コカ・コーラ」=ロキソニン、「清涼飲料水」=ロキソプロフェン水和物、ということでしょうか。

処方される薬などは、基本的にはこのように、商品の名前と一般的な名前が区別されています。

基本的には様々な痛みに使える、非常に汎用性の高い鎮痛薬であり、使われたことがある方も多いのではないでしょうか。

では、「ロキソニンの悪い作用」について、いくつか思い浮かびますか?

「胃潰瘍を起こしたり、胃腸にあまり良くない印象があります。」

そう思った方、正解です。それがとても大事なポイントです。

しかし、胃腸への悪影響を含め、アスリートへも深く影響する作用もありますので、それについて書いていきます。

「ロキソニン」胃腸への影響

「ロキソニン」といえば、胃腸の障害は、外せません!

「健常人がロキソニンを2週間続けて飲んだところ、潰瘍ができてしまった!」という研究もあり、短期の使用でも胃腸障害は起こりうるため、やはり、ロキソニンと胃腸障害は、表裏一体です。

またこれは、病院などではよく高齢の方で拝見しますが、同成分の湿布薬「ロキソニンテープ」や「ロコアテープ」といったものでも、同様の悪い作用が出ることがありますので、湿布薬を多用しているアスリートの方も注意してください。

ロキソニンの内服で起こる、胃潰瘍、十二指腸潰瘍は、ご存じの方も多いと思いますが、腹痛の原因になります。

  • いつもなんとなくお腹の調子が悪い。

  • 試合前にはいつもお腹が痛くなる。など。

試合前にはコンディションを整えるため、鎮痛薬の内服が多くなる選手も多く、それが原因で試合前にお腹の調子が悪くなったり、腹痛が出現したりする選手も多いのではないかと推測されます。

ぜひ、鎮痛薬の使い方についても、再度見直してみてください。

 

「ロキソニン」が原因で栄養障害に?

これは、あまり知られていない「ロキソニン」の作用かもしれません。

しかし!
「ロキソニン」が腸を傷つけることの延長として、栄養障害であったり、原因がわからない体調不良であったり、または炎症性腸疾患であったり、さまざまな不調の原因になることが示唆されているのです!

これを知っていただけたら、知識はもちろん深まりますが、アスリートのコンディショニングについても、不調の原因の鑑別が増えるのではないでしょうか。

「ロキソニンと栄養障害ってどういうこと??」

こういった疑問を持った方もいらっしゃると思います。ぜひ、この後の記事をさっと読んでみてください。

 

「ロキソニン」で腸の表面が萎縮する!?

そもそも、腸の表面には「絨毛」という毛がたくさん生えていて、それにより表面積が増え、そこを消化された栄養が通ることで、吸収効率を上げています。

これは、栄養の吸収に極めて重要な「小腸」の写真です。

実にたくさんの「絨毛」が生えており、表面積を増やして吸収効率を上げていることが、なんとなくでいいいので、わかっていただけるかと思います。

では、「ロキソニン」を継続的に飲んでいると、どうなるでしょうか。

見て頂いたら分かる通り、健康な「絨毛」がなくなっています。加えて、黒い矢印は「潰瘍」です。腸が非常に傷ついている状態です。

これをさらに見やすくしてみましょう。

これは非常に重要な写真で、腸の正常な部分が青く染まる染色を施したものです!

左の写真が正常な小腸、右がロキソニンを内服していた方などに起こる状態です。

いかに、ロキソニンが腸にダメージを与えるかが、一目瞭然で分かっていただけるかと思います!

当然ですが、このように傷ついた腸では、栄養がきちんと吸収できません。

このような、栄養がきちんと吸収できない状態に対しては「吸収不良症候群」というきちんとした病変がついています。

以下の表は、「吸収不良症候群」の原因となるものをまとめたものですが、 その中にNSAIDs(=ロキソニンを含む分類のこと)が書かれています!

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は image-4-1009x1024.png です

薬の影響で、しかも良く知られた鎮痛薬で、栄養の吸収障害が起こるなんて、非常に怖いですね!

しかし、適切に使えば非常に有効な薬であることは間違いないですので、腹痛の原因となるだけではなく、こういったことも起こり得るといったことを頭に入れて頂いて、医療者と相談しながら、適切に使用して頂きたいと思います。

 

また、ロキソニン以外にも、非常に大きな影響を及ぼす薬もあります。

 

そのことについては、別に記事でまとめていますので、参考にして頂けますと嬉しいです。

抗ヒスタミン薬によるパフォーマンス低下!「インペアード・パフォーマンス」について学びましょう!

2020年5月2日
 

「ロキソニン」最後に

今回は、ロキソニンの悪い作用について書いてみました。

  • 胃潰瘍などを起こし、腹痛の原因となる。
  • 腸の粘膜を萎縮させ、栄養障害の原因となり得る。

これが本日のポイントです。

今までに、「鎮痛薬(ロキソニン)を飲んでいるのに、お腹が痛くなります。」という質問を受けたことがありましたが、それは本当に危ないですので、適切に使用して頂きたいと思います。

少しでもわからないことがあれば、他にもいい鎮痛薬はありますので、必ず医師に相談していただくようお願いします。