身長の伸びに大きく関係します!【「亜鉛」の重要性について学びましょう】

 

今回は、「亜鉛」の重要性について考えます。

 

亜鉛とは、体内にわずかしか含まれないものですが、

 

人間の体の中で、亜鉛を必要とする酵素(タンパク質)は

300種類以上あるといわれています。

 

さらに

 

亜鉛が不足すると、たんぱく質やDNAの合成が上手く行えなくなり

成長障害(身長障害など)が起こると言われています。

 

鉄不足より頻度は少ないですが、スポーツ貧血の原因になる

とも言われており、非常に重要な金属です。

 

中学・高校の陸上選手の中で、男子10%、女子20%に亜鉛不足がある

との報告もあります。

 

それ以外にも

 

・食欲不振や免疫力低下

・皮膚炎や口内炎

・慢性下痢

 

など、さまざまな健康障害の原因となります。

   

今回は、その中でも

 

「亜鉛欠乏と身長の関係について」

 

書いていきたいと思います。

   

亜鉛欠乏 身長との関係は?

   

亜鉛は、先程も述べさせて頂きましたが

 

欠乏するとDNAの合成に支障がでますので

 

成長障害を引き起こします。

 

成長障害での中でも

「身長の伸びに影響を及ぼした」

というデータがありますので

 

実際のデータを見ていきましょう。

 

低身長児の約10%は亜鉛不足??

 

1989年に、ある研究者の方が

 

「低身長児の中に、亜鉛が欠乏している子供がいる」

 

ことを報告しており、それ以来低身長と亜鉛の関係について研究されています。

 

実際に、亜鉛不足の人が多いとされている

 

「静岡・埼玉・千葉」などと

 

亜鉛不足の人が比較的少ないとされている「大阪」のデータでは

 

牡蠣や牛肉といった亜鉛を多く含む食品の消費量に差がある

 

との結果もでています。

 

低身長児の血液中の亜鉛値の研究について

 

前置きが長くなりましたが、実際の研究についてです。

 

低身長児211人を集めて、この研究のデータは取られています。

 

その中で、低身長児のうち、亜鉛の値が低い児童が、約47%もいたことがわかりました。

 

さらに、特に値が低かった児童は約10%おり、亜鉛の値がやや低い〜正常である児童に比べて、明らかに身長が低いことが示されました。

 

その他の報告でも、亜鉛欠乏と低身長の関係についての研究は多く

 

これらのデータを踏まえて考えると

 

特に成長期の児童・生徒にとっては無視できないものと考えます。

 

亜鉛を補充したら、いい影響はあるのか

 

もちろん、いい効果はあります。

 

ある日本で行われた研究を参考にしますと

 

3ヶ月間の亜鉛の補充で

 

・身長増加率の改善

・血液中ALPの上昇(骨が成長すると高くなる数値です。)

・成長ホルモンの増加(亜鉛はタンパク質の合成にも関与します。成長ホルモンもタンパク質です。)

 

といった、素晴らしい効果が示されました。

 

その他にも

 

スポーツ選手の貧血や口内炎の改善、皮膚炎の改善など

 

亜鉛欠乏は様々な問題を引き起こすことがありますので

 

補充はそういった症状の改善にも役立ちます。

   

亜鉛欠乏 診断と治療について

 

亜鉛欠乏の診断に関してです。

 

診断は、血液検査をすることによって、血中亜鉛について知ることができます。

 

補充に関しては、亜鉛を含んだ薬もありますし

 

比較的新しい薬を使うこともできます。

 
https://nobelpark.jp/script/druginfo/drgDtl.php?id=9
 

ただし、亜鉛の過剰症も起こり得ますので

 

気になる方は必ず受診するようにしてください。

   

受診したいけど、どうしたらいいかわからない方へ

 

スポーツをされている方の受診に関しては

 

少し一般の受診とは、異なる場合があります。

 

できるだけスポーツ選手の診察に慣れたドクターの診察を受けたい

 

という方は

 

「日本スポーツ内科学会」

 

への問い合わせをオススメします。

 

問い合わせフォームから問い合わせをしていただけたら

 

適切なアドバイスをもらえます。

 
http://sponai.jp/
 

最後に

 

今回は「亜鉛」の重要性について考えました。

 

あまり目立たない存在ですが、実は重要な役割を担っています。

 

今回紹介した症状がある場合には

 

1度受診を考えてみてください。

 

スポーツのパフォーマンスや日常生活が

 

大きく変わるかもしれません。