心あたたまる 医療映画のすすめ【2つの映画を紹介します!】

 
   

最近は、「コードブルー」「ドクターX」「白い巨塔」といった、激動の現場や、社会的側面を扱った作品が多いですね。

 

そういった作品も見所満載で、私も楽しく拝見しています。

   

今回は、そのような作品とはまた別の視点で描かれた、心あたためる映画をご紹介させて頂きます。

   

心あたたまる映画①「孤高のメス」

       

「孤高のメス」は、堤真一演じる、当麻医師が主人公です。

 

まだ、移植医療が日本でほとんど行われていなかった時代、アメリカで最先端の脳死肝臓移植手術を学び、日本の田舎の市民病院に赴任する当麻医師の話。

 

赴任した市民病院では、周囲の状況には眼もくれず、最先端の技で患者さんを助けていきます。

 

もちろん全員が仲間ではなく、元からいた医師の中にはいい思いをしない医師もいました。

 

しかし、当麻医師は、決して傲ることなく、謙虚に診療を続け、後輩医師や、看護師さんからもとても尊敬されました。

 

そんな中、脳死肝移植が必要な患者さんと、脳死状態になってしまった青年が現れます。

 

他人様の体の中で自分の息子の命が生き続ける、移植をしてほしい、と願う青年の母。

 

今まで当麻医師と対局にいた医師たちは、移植は殺人行為だ

と主張、メディアにその情報をリークしてしまいます。

 

そんな中、患者さんの状況や、家族の思いを汲み、手術が適切かどうか、周囲の雑音には振り回されず、決める当麻医師。

 

最終的には手術は行われ、無事に成功。

 

ただただ患者さんのために医療を突き詰める姿勢は、医療者としては、日々の診療の中で、忘れてはならないものを思い出させてもらえます。

 

また医療者の方でなくとも、日々自分の技を磨いたり、仕事を頑張る気力をもらえたり、何か、心のまんなかに、あたたかい感情がふわっと湧いてくる作品です。

   
   

心あたたまる映画②「ディア・ドクター」

   

2作品目は「ディア・ドクター」です。2009年の映画ですが、笑福亭鶴瓶師匠の初主演映画です。

初主演とは少し意外な感じがします。

     

この作品は医療過疎地の話です。

地域医療に従事する医師(?)役が鶴瓶師匠です。

 

そこに、お金持ちの、瑛太演じる研修医が、地域医療研修のため、外車でやってきます。

 
 

研修医は

なんでこんな田舎に。。。 なんもないじゃん。。

と全くやる気はない様子でした。

 

そんな中、指導医・鶴瓶師匠との地域医療研修が始まります。

   

日々、診療を行う中で、指導医と患者さんのやりとり、訪問診療などを行い、徐々に心境が変化していきます。

 

患者様から絶大な信頼を得ており、また話相手になっているなど、患者さんに対して親身になっている姿に、感銘を受けます。

 

そう、瑛太演じる研修医の父は、経営の事しか考えていない医師だったからです。

   

そんな中、とある患者さんが体調を崩し、その娘さんが帰省する事となります。

 

その娘さんは有名医大出身の医師。

とある事がきっかけで、鶴瓶師匠は村から逃げ出して消息不明となってしまいます。

   

なんと、鶴瓶師匠は、医師免許のない偽医者だったのです!

   

もちろん医師として働くには免許は大事、というか必須ですが、

「医師である前に、人として大切な事はなんなのか」

言葉にできない、とても強いメッセージ性のある映画となっています。

 

人と接する仕事をされている方には、とても参考になる映画と思っています。

   

今回は、「心あたたまる 医療映画」を紹介させて頂きました。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。